カレンダー(月別件数付き)

ブログ検索

最近の記事

プロフィール

カンデン


カウンター


ビジターアクセス

ユニークアクセス

リンク

週刊!木村剛

このブログをリンクに追加する

転職・求人・アルバイトリンク

バイトルドットコム

リクルート リクナビNEXTプロモーション

スクール資格集合サイト バリュースタイル

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

さおだけ屋はなぜ潰れないのか

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という本がベストセラーになったのは去年ぐらいの話ですが、以前からさおだけ屋の悪徳商売の話はいくつかニュースになったりもしていました。全国の消費生活センターにも相談が多数寄せられているそうです。

さおだけ屋トラブル多発、2本1000円→「1本2万円」Yahoo!ニュース - 読売新聞)

「2本で1000円」などと言って移動販売している物干しざおの購入を巡り、トラブルが急増していることが5日、国民生活センターの発表でわかった。

 呼びかけとは異なる高額なさおを購入させられ、被害に遭う例が大半で、平均契約購入金額は約6万5000円。悪質な「さおだけ屋」が暴利をむさぼるからくりの一端が浮き彫りになった。

 同センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた物干しざおなどに関する相談件数は、年々増え、2006年度は639件。01年度の288件に比べて約2・2倍になった。相談件数の9割は移動販売で購入しており、女性や高齢者の被害が目立った。

 40歳代の主婦は、「2本で1000円」とアナウンスしていた移動販売車を呼び止め、2本買おうとしたところ「こっちの方がさびない」とステンレス製を勧められた。値段を聞いたが返答はなく、物干し台に合わせて切ってしまってから「1本2万円」と言われた。



うちの近所にもこの「2本で1000円」の移動販売者は時々回ってくることがありますが、おかしいなとは思っていたんです。甘い言葉でさそって高額の物を売りつけるとはキャッチセールスのようなもんですね。こんなことをしてたら潰れるわけはありませんね。

さて「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という本ですが私は読んだことがありません。しかしこの本が会計とか経営に関する本だって事ぐらいは知っています。

この本の題名は一見なんだと人の興味を引き、それでいて商売に関する内容かなと理解させるという、うまい題名だなと思います。これが「会計学入門」とか「さおだけ屋に学ぶ商売の基本」とかだったらベストセラーにはならなかったでしょう。

キャッチーなキャッチフレーズで人を誘うってのは商売の方法の一つではありますが、その商売の内容が強引な詐欺まがいの悪徳商売では話になりません。本の題名のほうは良い例で悪徳さおだけ屋のほうは悪い例といったところでしょうか。この二つが「さおだけ屋」をキーワードに繋がるとは、なんとも皮肉な話しです。



トラックバック
2本で1000円。本当は6万5000円。20年前のお値段ですバカに厳しいバカばかり
さおだけ屋はつぶれるわけない、よね・・・。 悪徳業者にご注意!あけやんの徒然日記 - 楽天ブログ(Blog))
スポンサーサイト


ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kanden.blog1.fc2.com/tb.php/87-bcc556b5

2本で1000円。本当は6万5000円。20年前のお値段です

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を読まずじまいだった(というか買う気ゼロだった)私だが、読まずじまいでも、結局なぜ潰れないのかの理由は、

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。