カレンダー(月別件数付き)

ブログ検索

最近の記事

プロフィール

カンデン


カウンター


ビジターアクセス

ユニークアクセス

リンク

週刊!木村剛

このブログをリンクに追加する

転職・求人・アルバイトリンク

バイトルドットコム

リクルート リクナビNEXTプロモーション

スクール資格集合サイト バリュースタイル

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

「生む機械」発言・なぜみんな怒っているのか

連日報道されている柳沢厚労相の「生む機械」発言ですが、たとえが悪かったぐらいの認識でいると、女性たちの怒りってやつが理解できないんじゃないかと思いますよ。

柳沢厚労相発言の要旨

 人口統計学では、女性は15歳から50歳までが出産をしてくださる年齢だ。2030年に30歳になる人を考えると、今、7、8歳だ。もう、生まれてしまっている。産む機械と言ってはなんだが、装置が、もう数が決まってしまった。機械と言っては、本当に申し訳ないんだけども。機械って言ってごめんなさい。その産む役目の人が、ひとり頭(何人産むということ)で頑張ってもらうしかない。(27日、松江市の講演で)


厚労相、与党にも辞任論…「産む機械」発言で ( YOMIURI ONLINE(読売新聞))より引用

*「生む機械」が問題なのではない

私は独身で男なもので最初それほど良くわかんなかったんだけど女性たちは「生む機械」にも怒ってるけど「産む役目の人が、ひとり頭(何人産むということ)で頑張ってもらうしかない」てことにも腹をたててるんだ。

「生む機械」ばかり強調されているせいか「揚げ足取り」だとか「直後にあやまってる」とか「女性の数が決まっているんだから趣旨は理解できる」などと柳沢発言を擁護する意見もあるようですが、女性たちにとっては上の引用文全部が不快で腹立たしい内容なのだ。

柳沢発言の問題点は少子化問題は「女性が子供を産まないからだ」という短絡的な考えが見え、少子化問題はしょせん個人の問題だと思っているように聞こえるからだ。

*柳沢厚労相は少子化問題をどう見ているか

人口統計学では、女性は15歳から50歳までが出産をしてくださる年齢だ。2030年に30歳になる人を考えると、今、7、8歳だ。もう、生まれてしまっている。



ここまでは柳沢厚労相は客観的な事実を述べている。このあとの「生む機械」の部分があるが、それはあえて割愛する。

その産む役目の人が、ひとり頭(何人産むということ)で頑張ってもらうしかない。



論理的な結論に見えるし、きわめて単純でわかりやすい。しかし、これは客観的な結論なのだろうか?統計的なデータを見て柳沢厚労相が思考した少子化問題の一つの解決方法ではないのか。良い悪いは別として移民や外国人労働者を受け入れるなどのほかの選択肢も存在するではないか。

そう考えるとこれは動かしがたい客観的な結論ではなくて柳沢厚労相が少子化問題をどうとらえ、どうすれば解決できると思っているかという彼の主観ではないのか。

つまり柳沢厚労相は「女が子供を生めば少子化問題は解決する」と単純に考えているというわけだ。しかし「子供を生む」とはそんな単純なものではない。結婚とか子育てとか色々なことがからんでくる。少子化問題とは「社会」「経済」「文化」などが絡み合う複雑な問題なのだ。


つまり柳沢厚労相は「女が子供を生めば少子化問題は解決する」と単純に考えているというわけだ。しかし「子供を生む」とはそんな単純なものではない。結婚とか子育てとか色々なことがからんでくる。少子化問題とは「社会」「経済」「文化」などが絡み合う複雑な問題なのだ。

*子供を生むことは負債をかかえること

柳沢厚労相は「統計学的なことを判りやすく説明しただけ」と言い訳しているが、そもそも「社会」「経済」「文化」などが絡み合う複雑な問題を「単純な数字」で論じようとした視点そのものが問題なのだ。

ただあえて弁護するようなことを言えば私も含めて男は柳沢厚労相のように単純に考えてしまいがちなんだよな。しかし実際生む立場にある女性から見ると社会的、経済的、文化的問題は切実だ。

ある経済学者が以前話していたことだが子供を成人まで育てるのに教育費などで一人一千万円かかるとすると、子供を一人作るということは将来的に一千万円の負債を抱えるということになるそうだ。

投資だと考えても、えらくハイリスク、ローリターンじゃないか?つまり子育てを数字的、合理的に考えていると少子化問題なんて解決するわけが無いんだ。それとも柳沢厚労相は「子供を生んでくれ」という発言が経済学的には「負債を抱えてください」て意味だとわかって発言したのだろうか?

*安部内閣の少子化対策とは?

柳沢厚労相の「生む機械」発言は統計的な数字をあげて女性たちに「子供を生んでほしい」とたのんだつもりなのだろうか。しかし、全体の発言から見ても、まさに女性を物か機械のようにしか考えていないような発言だ。

実際に今、結婚、出産、子育てに際して、さまざまな問題に直面している人たちなら女性でも男性でも子供を生むということが簡単に生めといわれて出来るようなことじゃないと反発を感じるだろう。

安部内閣は少子化対策に担当大臣をおき積極的に取り組む姿勢を見せている。しかし、その政府の一員であり国や政府をあげて少子化対策に取り組む時、重要な役割を担うであろう厚生労働大臣が今回のような発言をすることは問題だ。

安部総理は今のところ、かばう姿勢を見せているが、このままでは安部内閣の少子化対策など所詮、小手先の物でしかないと思われてもしかたがない。それでも安部総理は柳沢厚労相をかばい続けるのだろうか。


審議拒否したりして政争の道具にしている野党も連日のように取り上げてるマスコミも「生む機械」発言が、ただ、たとえが悪かった以上の根深いものを含んでいることを判っているのか疑問ではあるのだけどねえ。

トラックバック
「女性は産む機械、装置」のネタ元はどこ? 一言川柳:イザ!
[週刊!尾花広報部長] 一種の大人のいじめ?!週刊!木村剛)
誰か私と一緒に「言葉の一人歩き」を止めてくれ偽海軍中尉の航海日誌(Y!版))
失言を許さない社会玄倉川の岸辺
統計と人権と政治玄倉川の岸辺
スポンサーサイト


ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

コメント

柳沢大臣は合計特殊出生率の話をしていたので、移民や外国人労働者の受け入れの話とは違うと思います。

「女が子供を生めば少子化問題は解決する」と単純に考えている。いけないんですか?そっから、なぜ女性は子供を生まないのか?どうすれば女性は子供を生むようになるのか?につながると思います。

柳沢大臣がどういう人間か判断するのに、今回の発言だけでなく過去の発言を調べてからでもおそくないと思います。

あと、安倍総理のべが違います。

えっと・・んとですね、

多分講演の全体では、きちんと男女含む色んな要素に触れてて、あまり違和感が無かったと思うのデスよ。
あまりにヒドイ発言なら、その場でさすがにSTOP入るでしょうし。
仮にも1大臣である人が、女性に対してしか言及しないなどということがあるか、と思うと
その可能性はフツーに考えて低いと思えませんか?


例えば、です。
「男についてアレコレ、女についてアレコレ、そのほかの状況についてアレコレ、つまりこういうことだ」
みたいな言説があったとして、

『女についてアレコレ』の部分だけ取り出してみれば、
さも「女が産みさえすればどうにかなるとでも思ってるんじゃないか!!!」みたいな反応を引き出せちゃうでしょ。

今のところ、全文ソースが出てないので、ホントはなんとも言えない状態なのです。
なのに、脊髄で反射して、カーーッと来ちゃう人は少なからず居る。

要するに、ブログ主様がたのような反応は、モロにストレートに反応しちゃってるというか
悪く言えば、マスコミの“切り張りテクニック”に全力で釣られてます。

はじめまして…前コメントさん、宜しければ親しい女性に意見を聞いてみたらいいと思います。他にもご夫婦での意見を載せている方もいらっしゃいますし…
このブログでの柳沢大臣への評価は発言の要旨や政策を冷静に考えても妥当だと思います。ヒステリーですか…。

例えば、前コメントさんが何かに怒っているとき。
①ヒステリー状態だから
②マスコミに操作されているから
これは何故怒っているかへの説明にならないと思いませんか?

ウチの女房(子供3人)に聞いてみたら「(怒ってる人は)バカなんじゃないの?」と呆れていました…

実際、厚労相は「政府もできることはがんばるが、最後は女性の意思だ」という流れでこの発言が出ています。
「政府は無策だが女よがんばれ」と言っているなら、僕も怒りますがね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kanden.blog1.fc2.com/tb.php/79-ecff0476

厳重注意?

柳沢厚生労働相の発言は、首相が「厳重注意」して、終わりそうなくもゆきである。 が

「産む機械発言」だけが問題じゃないんだよ、柳沢さん…。

■なんか、この言葉ばかりが先行してますが 柳沢厚生労働大臣の問題、今は「女性=産む機械・装置」という言葉ばかりが先行してるように見えますが、この発言の問題はそれだけで済む事じゃないんですよね…。

「産む機械」という発言を理由に・・・

柳沢伯夫厚生労働相は講演で少子化の解消策として「産む機械、装置の数は決まっちゃった。あとは1人頭で(たくさん産むように)頑張ってもらうしかない」 「産む機械」という発言でチャンスと言わんばかりに騒ぐマスコミと野党。政府もだらしない、マスコミも野党にも・・

少子化問題…もう「産め産め節」は止めませんか?

■「産め産め節」を唱える「産め産め族」 どうもです。都筑てんがです。 体調不良で、ここしばらくダウンしてました。 で、今回は、お偉いさんの「女性=産む機械・装置」発言についてhttp://punigo.jugem.jp/?eid=277「産む機械発言」だけが問題じゃないんだよ、柳沢さ

少子化問題は問題でしょう

少子化問題とは、若者の結婚離れなどが原因となり、子供の出生数が減っていることに関わる、様々な社会問題のことです。出生率のグラフは 2000 年ごろをピークに、右肩下がりのグラフを示しています

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。