カレンダー(月別件数付き)

ブログ検索

最近の記事

プロフィール

カンデン


カウンター


ビジターアクセス

ユニークアクセス

リンク

週刊!木村剛

このブログをリンクに追加する

転職・求人・アルバイトリンク

バイトルドットコム

リクルート リクナビNEXTプロモーション

スクール資格集合サイト バリュースタイル

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

アホパワーの勝利

木村剛さんに紹介されていた小副さんというかたのブログを見ました。

AAP小福のへりくつ)

関東の人間である私にはアホをバカに置き換えたほうがしっくりくるように感じますが、なかなかするどい分析をされています。


「この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ」

なぜか上のような言葉が思い浮かびました。アントニオ猪木氏が良く口にする一休宗純(一休さん)の言葉ですが、今回の選挙は迷わずバカになって突き進んだ勝利と言うことでしょうか。

民主党の岡田さんも「バカ正直」という意味ではバカだったように思いますが、色々迷いがあったのが敗因だったように思います。

しかし、ふと思ったのですが、もし仮に小泉さんと岡田さんの立場が逆で、小泉さんが民主党の党首だったとしたら案外、民主党は勝っていたかもしれません。

岡田さんは郵政民営化の対案を出さなかったことをつっこまれてましたが、これが小泉さんだったらどうだったでしょうか?

「いま対案を出せないのはあたりえです。中途半端な民営化では国民もなっとくしない。だから慎重に検討する必要があるんです。だいいち公社化のとき4年間は様子を見ると言ったではないですか。」

もし小泉さんが民主党の党首だったら、こんな開き直りとも取れるような発言を堂々として押し切っちゃうんじゃないでしょうか。

道路公団の民営化では猪瀬さんが官製談合を暴いたりしてがんばってますが、結局、決まっていた道路は全部作ることになってしまいました。そのことを引き合いに出せば民営化を急ぐことが必ずしも良いことばかりでは無いことを主張できたはずです。

結局、政治家としても岡田さんより小泉さんのほうが一枚も二枚も上手だってことでしょうかね。

トラックバック
[ゴーログ] AAPが小泉自民党の圧勝を産んだ?!週刊!木村剛 )
自民党圧勝!小福のへりくつ)
民主党バルチック艦隊の壊滅  :(玄倉川の岸辺)
選挙結果でおもうこと猫並のなんとなく自己主張
スポンサーサイト


ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kanden.blog1.fc2.com/tb.php/45-fc636090

自民党圧勝!

木村剛さんのブログでTB&掲載していただきました。木村さん、TBしてくださったブ

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。