カレンダー(月別件数付き)

ブログ検索

最近の記事

プロフィール

カンデン


カウンター


ビジターアクセス

ユニークアクセス

リンク

週刊!木村剛

このブログをリンクに追加する

転職・求人・アルバイトリンク

バイトルドットコム

リクルート リクナビNEXTプロモーション

スクール資格集合サイト バリュースタイル

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

ライブドアより昔からニッポン放送はインターネット放送していました

ニッポン放送の株をライブドアが買ったことで色々と話題になっています
ニッポン放送というよりフジテレビ対ライブドアになってきたようですけど

経済とか株式の話は私の専門外のことなので、なかなか難しいのですが
インターネットのことなら少しはわかるのでその視点から見てみましょう

ライブドアの堀江貴文社長の会見では

「インターネットと既存メディアの融合で、互いのビジネスが強化でき、展望が開ける」

と発言されたそうです

これだけ聞いているとニッポン放送がまるでインターネットに
全然関わっていなかったような印象を受ける発言なのですが
実はニッポン放送は早くからインターネット放送を模索してきた放送局です

インターネット放送は著作権がからんで、なかなか敷居が高いのですが
その中で既存の放送を音楽とCMをカットすることで配信したり
P2Pという比較的、新しい技術を用いて野球中継を配信したり
現在もブロードバンド!ニッポンと言う形で
インターネット放送を毎日のように配信しています

ライブドアでもネットラジオの配信をやっていますが
明らかにインターネットでのコンテンツ配信に関しては
ニッポン放送のほうがノウハウを持っているように思えるのですが

というかですねライブドアのネットラジオ「ねとらじ」なんですが
これってライブドアが番組を作って放送しているわけではありません

もともとあった個人がネットラジオを放送できるサービスである「ねとらじ」を
ライブドアが引きついだやつなので、放送しているのは、あくまで個人です
個人というか個人レベルといったほうがいいかな、とにかく企業レベルじゃありません

つまりブログと同じで場所というかシステムを提供しているという形のサービスです

このタイプのネットラジオ放送は某ポータルサイトでも以前、提供されていました
しかし、著作権にかんして色々とうるさくなってきたからなのでしょうか、終了してしまいました
なんせ、著作権問題をクリアして音楽を放送するには1曲ごとに承認をとらないといけないらしいのです
やって出来ないことはないようなんですがメジャーな曲を普通のAMやFM放送のように流すのは
個人レベルではほとんど無理なようなのですよ、今でも

実際「ねとらじ」で放送している方々もこのことで苦労されているようですが
なかには地道に交渉して曲を流している方たちもいらっしゃるようです
と言ってもオリコンチャートの上位のに入る曲がいっぱい流れているという
状況ではなくインディーズとかマイナー系の曲ばかりのようですが

ライブドアではパブリックジャーナリスト募集なんてこともやっているようですが
なんか、めんどくさいことは「人まかせ」のような感じがするんですけど

以前、野球の新規参入の時に問題になったアダルトコンテンツのことでも
ライブドアはたくさんの人が訪れることが前提のポータルサイトでありながら
アダルト系ブログを野放しというか売りにして人を集めていた所がありました

アダルト系ブログが悪いわけではないのですが、ネットにおいてアダルト系コンテンツは
「青少年の健全育成」と言う名目でたたかれやすいことであるのは昔からの常識です
だからこそメジャーな所ほど扱いに慎重になってきました

「あなたは18歳以上ですか」というようなゲートを設けるのも
実質的な効果は別として、たたかれないための最低限の予防策のはずだと思っていたのですが
ライブドアはそのような対策をいっさいおこなっていませんでした(その後改善)

「ねとらじ」はライブドアが引き継いだことで知る人が知るサービスから
広く一般的に知られ開放されたサービスになりつつあります
今までは著作権に関してはユーザーたちの自主規制でおこなわれてきましたが
これからはそのようなルールを知らないユーザーも多く参加してくることでしょう

メジャーなサイトであるライブドアは、放送するユーザーに対して著作権に関して
なんらかの注意を喚起するということをしなけらばならない責任があると思うのですが
現在そうゆう注意書きは目立つところには見られません

インターネットには自主規制とか暗黙のルールとかが数多く存在します
それは自分が法律で罰せられないためと言うこともありますが
自分たちのコミュニティーを守り、自分たちの居場所を確保するためでもあります
こういうユーザーたちの努力と言うのをライブドアはどれだけ理解しているのでしょうか?

私はネットラジオのことや以前のアダルトコンテンツの扱い方を見ていると
堀江さんやライブドアと言う会社がインターネットへの理解とか
将来性をどれだけ考えているかについて非常に疑問を感じるのです

野球のことを金儲けの道具としてしか考えていないと野球ファンから嫌われた
そんな球団オーナーがいましたが、堀江さんが同じような人じゃないことを願うだけです

スポンサーサイト


ちょっと一言、いわせてください


【PR】ついに手数料0円!伊藤忠グループのFXプライム【PR】

コメント

TBありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kanden.blog1.fc2.com/tb.php/29-8f66fb1b

「人は感情で動く」というのが最近の主流なんだけどねぇ

というか、正直なところ、人間は数字なんかで説得できるもんではないと思う。仮に説得できたように見えたとしても、それは単なるエゴの押し付けでしかない。そんなのは将来への禍根を残すし、とてもWinWinの関係とはなりえないだろうと思う。というのが、今回あの騒ぎを見...

堀江社長を巡る一連の騒動、及び他のエラい方々に対する私見

事の是非はともかく、ライブドア・堀江社長の姿勢で共感できることの一つに、「言行一致」というところがあるかと思います。もちろん、「そう思う」という個人的な主観という範疇を脱し得ないのですが、公の場での発言は、殆ど本音に近いものがあるという印象を受けます。そ

「幻滅した」byほりえもん

世間では、なんだかんだと騒がしいですが、【1万動画:韓国ドラマ、アニメ、映画からアダルトまで】最新情報を無料動画で!会社案内まあ、こんな感じで古く(2001年設立)から三木谷社長もやってるんですね。(笑)↑のサイトは、当然のごとく、楽天のブロードバンド...

ライブドアたたきが始まった

おはようございます。亜写です。第14回、トラバステーションのネタ「ライブドアはどこまでやるのか!?」にエントリーします。結論から先にいうと、やれるところまで、やる!あとには引かない!という決意が、ほりえもんにはアル!…と思います。亜写は、株式の専門家ではな

久しぶりにライブドアvs楽天ついでにフジも

ホームページ制作大西さんもよく使われているアクセス解析HP「Alexa」を使って久しぶりにライブドアと楽天に加えて、話題のフジテレビのHPアクセス状況を比較してみました(期間は1年)。それにしてもライブドアの伸びはすごいです。株式分割、プロ

やってくれましたね!ライブドア!

ライブドア、ニッポン放送株35%取得! 午後に会見を開くそうです。確かに「ねとらじ」に力いれてますもんね。頑張れ、'>ホリエモン! 我が国、日本には「マスコミ集中排除の原則」というものがある。しかし、現実は新聞社を中心にテレビ・ラジオ・

[ゴーログ]報道を鵜呑みにせずに、直接会って話を聞こう!

 皆さん、こんにちは。木村剛です。2月17日のゴーログ「ホリエモンvsフジテレビ

投稿:ほりえもんが嫌われる理由の考察

[ゴーログ] 来るのは「安政の大獄」か、それとも・・・?

 皆さん、こんにちは。木村剛です。それにしても、今回の「ホリエモンvsフジテレビ

堀江貴文の病理------カネが全てではない理由の考察

この人物を「ホリエモン」などと「愛らしい」称号で呼ぶのはふさわしくない。 この人

アナログ的な気持ちでジェスチャー?

ラジオでは無音状態が何秒以上続くと放送事故なのかは知らないが、明らかにジェスチャーでのコメントはラジオで流すには困るはず。時間がなくてラジオ放送までチェックしていなかったけど、リスナーの方々はどうラジオニュースでこのお方のコメントを聞かれたのかしらん?手

球団買収劇はまた来る

 ちょっと気の早い話になるが、プロ野球の来オフに予想される球団買収劇を考えてみたい。堤義明逮捕や上場廃止で経営悪化した西武グループはライオンズを売り渡す。そもそもが堤の一存で買った球団。西鉄ファン、鉄道沿線のファン以外にはあまり浸透していない不人気球団を

フジvsライブドア、フジの発言に思うこと。

ライブドアvsフジテレビについて、ちょっとカチンと来たニュースが目に留まったので

「株をさげた」のは

ライブドアとニッポン放送をめぐる騒ぎがようやく一段落したかと思ったら、いよいよ「本丸」フジテレビの買収に発展してきたようですね。いつまで続くんでしょうか、この問題。ひところよりは静かになりましたけど。私は株に興味ないし、テレビやラジオを視聴する機会も少な

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。